読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CodeIQ Blog

自分の実力を知りたいITエンジニア向けの、実務スキル評価サービス「CodeIQ(コードアイキュー)」の公式ブログです。

『HTML5&JavaScript本格ゲームプログラミング ~ライブラリ自作からはじめるブラウザゲーム開発~』 #book #html5 #javascript

CodeIQの中の人、hnanami です。

今回は、『HTML5&JavaScript本格ゲームプログラミング』の著者である、クロノス・クラウン合同会社の柳井政和さんから寄稿いただきました。

===============================

HTML5でゲームを作る

HTML5でゲームを開発する。それも「enchant.js」や「CreateJS」などの既存ライブラリを使わず、ゲームの基本処理の枠組みから作る。そういった「ライブラリ自作」からはじめる、ブラウザゲーム開発の本を書きました。

また、HTML5で作ったアプリの資産を最大化するために、Web用のゲームとしてだけでなく、PCアプリ(node-webkitを利用)や、Androidアプリとしてリリースする方法も解説しています。また、Web用のアプリでも、Flash経由でファイル入出力ダイアログを利用する方法なども掲載しています。


なぜ、こういった本を書いたか

私は、iアプリでゲームを作ったり、Androidが日本上陸する前にゲームを開発したり、「まだライブラリがない状態」で、ゲームを開発してきました。こういった「ゲーム用のライブラリがない状態」からゲームを作る機会は、開発を行っていると、それなりにあります。

そういった場合の、「ゲームの枠組みを作って、ライブラリ化して開発するノウハウ」を、どこかで本にまとめておきたいと、以前から考えていました。

今回、HTML5で、そういったことを行いましたので、この機会に本にまとめました。

また、HTML5の各種環境依存をライブラリに閉じ込めるようにしましたので、HTML5でゲームを作ろうと考えている人にも役立つと思います。Canvasの使い方や、Audioの環境依存の回避方法など、様々な情報も盛り込んでいます。

というわけで、興味のある方は、手に取ってみてください。

   

本の基本情報

書名   HTML5&JavaScript本格ゲームプログラミング
     ライブラリ自作からはじめるブラウザゲーム開発
著者   クロノス・クラウン 柳井政和
価格   本体2800円+税
ISBN   978-4-7980-4014-1 C3055
発売日  2013/12/13
判型   B5変
色数   1色
ページ数 448


― 目次 ―

第1部 HTML5を取り巻く環境

第1章 HTML5とゲーム
第2章 環境依存とその吸収、ライブラリの活用

第2部 ゲームライブラリを作る

第3章 状態管理
第4章 初期化とユーティリティ
第5章 リソース管理
第6章 描画アイテム
第7章 ファイル入出力
第8章 ダイアログのシステム
第9章 言語管理

第3部 ゲームの実装

第10章 初期設定と言語データ
第11章 周辺画面の作成
第12章 戦闘画面の作成
第13章 ゲームのデータと処理
第14章 戦闘画面の描画処理

第4部 各環境へのリリース

第15章 Web用のコンパイル
第16章 PC用アプリとしての配布
第17章 Androidアプリとしての配布


目次の詳細は、「リリース情報」から見ることができます。