読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CodeIQ Blog

自分の実力を知りたいITエンジニア向けの、実務スキル評価サービス「CodeIQ(コードアイキュー)」の公式ブログです。

エンジニア夏祭り2013 第2夜ブログでわっしょい:お題その1「納涼!ほんとにあった怖いコード」結果発表! #engineer #matsuri #hatena #夏祭り

CodeIQ×はてな エンジニア夏祭り2013

CodeIQの中の人、OL元帥です。

「はてな」さんとCodeIQがタッグを組んだ『CodeIQ×はてな エンジニア夏祭り2013』
第2夜「ブログでわっしょい」が終了しました。

f:id:codeiq:20130806104304g:plain


エンジニア史上まれに見るヘンテコな企画に、最初は投稿が集まるか不安でしたが、
結果としてたくさんの方に投稿いただきました!ありがとうございます!!



それではさっそく、入賞作品を発表します!



お題その1「納涼!ほんとにあった怖いコード


審査員(敬称略)
小飼 弾/佐々木 達也/大塚 弘記/吉岡 弘隆


最も多くの審査員から票を集めた投稿を、
「この夏一番の恐怖コード」として表彰させていただきます!



栄えある(?)第1位は…





blackprincess さん「僕がいたところ」です!!!



おめでとうございます~~~♪♪♪


~審査員コメント~
(※注 一部アレな表現がありますが原文ママで掲載させていただきます)

「switchとか力ずくのコードが怖い」(吉岡 弘隆さん)

「開発者がSQLインジェクションを利用してたり、実テーブルをdrop/createするの怖いw」(佐々木 達也さん)

巨大一本グソ。本当の大便においてヒリ出せたときの快感は性行為に勝るとも劣らないものがありますが、気持ちがいいのは本人だけというのも共通しています。水洗で一度に流れなかった時の悲しさを思い出して、コードと用便はこまめにすることを心がけましょう。」(小飼 弾さん)



多数の投稿に票が割れる中、blackprincess さんの投稿だけは票が集まり、他を圧倒しての第1位でした!
blackprincess さんにはクソコード封滅に役立つ秘伝の書を2冊セットでプレゼントいたします!





次に、惜しくも受賞には至りませんでしたが、
審査員の心に刺さった投稿をコメントとともに紹介します♪


toripikaさん「納涼!ほんとにあった怖いコード
「空elseは典型的な「フキ忘れ」型のクソですが、printfデバッグなどをここにつっこんであったりもするし、一番見かけるウンコードだと思います。」(小飼 弾さん)



Sampoさん「Intellisenseが解析あきらめるコードもあるんです
「ツールですら訳の分からないコードが怖い」(吉岡 弘隆さん)



rjgeさん「個人的にイラッとしたコード
「超複雑なSQLなんて、いざ自分が触る立場になったらと考えると怖すぎる。。」(佐々木 達也さん)



shobunoさん「納涼!ほんとにあった怖いコードの話
「交換日記が気になります。気になります。」(大塚 弘記さん)



b1122050さん「クソコード
「実はno-opなので、これは「クソコード」というよりミがない「屁コード」と呼ぶべきかと」(小飼 弾さん)



liukさん「_fake (お題:納涼!ほんとにあった怖いコード)
「バージョンの差を_fake()するというのが、もはや職人芸と言っていいか。」(吉岡 弘隆さん)



liukさん「見切り発車(お題:納涼!ほんとにあった怖いコード)
「不慣れな開発ツールで書かれてスパゲッティコードな上に実装が適当とか怖い!」(佐々木 達也さん)



Lhankor_Mhyさん「エスケープってなに?美味しいの?
「まさかHTMLにSQLが書いてあるなんて、想像もしていなかったので衝撃的でした。」(大塚 弘記さん)



primalcodeさん「変更できない定数.
「じっーっと、眺めていると、クスクスとあとからくる感じがたまらない記憶に残るコードです。」(大塚 弘記さん)




いや~世の中にはこんなに怖いコードが溢れているのですね。
個人的には小飼さんの「典型的な「フキ忘れ」型のクソ」というコメントが印象的でした。典型的なんだ…そうなんだ…

上記以外にも、たくさん投稿いただきました!
参加してくださったみなさん、本当にどうもありがとうございました!!!



夏も終わったので、このクソコードたちも成仏できたことでしょう。
エンジニアのみなさん、クソコードある限り戦いましょう。命燃え尽きるまで!