CodeIQ Blog

自分の実力を知りたいITエンジニア向けの、実務スキル評価サービス「CodeIQ(コードアイキュー)」の公式ブログです。

伊藤直也さん、よしおかさん、太田智美さん、安藤祐介さん、川田寛さん、衣川 憲治さん、白石俊平さんも絶賛!?夏サミ2013でブームを起こした謎のどらやき #natsusami #codeiq #aws #html5

CodeIQ中の人、babaQです。

8月1日の「Developers Summit 2013 Summer」(夏サミ2013)に
CodeIQもスポンサーとしてブースを出展しました。

デブサミ2013で特別賞を受賞したCodeIQとしては、今回も気合いを入れねば…

そう意気込んで用意していったのが、コードラという名のどらやき。

コードを書くエンジニアは、絶対どらやきが好きなはず!

そう決めつけて「どらやき食べたい」と出力するだけの簡単な問題を用意。

段ボール4箱400個を持ち込み、ブースにズラリと並べてみました。

f:id:codeiq:20130806184843j:plain

さらにアップで、ドーーン!

f:id:codeiq:20130806184858j:plain

これは、絶対コード大好きなエンジニアたちがブースに殺到しちゃうな~

と、と、思いきや……

f:id:codeiq:20130806184927j:plain

通りゆく人の10人にひとりは、必ず「ぷっ…」と笑わっていく始末。

「何、コレ?? なんでどらやきなの??」 と、尋ねられ

「コードラって言いたかっただけなんです。
 これ無駄に高いどらやきだから、とっても美味しいですよ~」

と、一人ひとりにマジメな顔で説明し出す三木。
(↑ 段ボール持ってどらやきくばってるCodeIQメガネ男子 ↑)

それにしても説明が長い。

こっそり食べて見たらホントにウマい!!!

ということで、CodeIQブースに訪れてくれたギークな皆さんに聞いた
どらやきの感想を紹介したいと思います♪

CodeIQに遊びに来てくれたギークな皆さん

まずは、ちょうどこの8月1日にスマホアプリ「Plannah(プランナー)」の
サービスをリリースしたばかりのミクシィ衣川 憲治さん

f:id:codeiq:20130806184945j:plain

衣川さん、コードラの感想聞かせてください!

衣川:はい、今日Plannah(プランナー)をリリースしました!
   ぜひ使ってくださいねー

ん? それ感想じゃないけど… PlannahのTシャツのキリンがかわいい!
カレンダー形式で写真が表示される、とっても便利なスマホアプリだそうです。


続いて、ブースに遊びに来てくれた伊藤直也さん。

この日最後のセッションで登壇だったので、かなりヒマだった模様。
快くどらやきとのツーショットに応じてくれました。

f:id:codeiq:20130806184954j:plain

登壇者の方はセッションの数時間前から待機しているから、
みんなヒマらしいと聞き、控え室にどらやきを差し入れ。
皆さん、コードラどらやきにウケてました。(あ、写真撮るの忘れた…)

CodeIQの隣でブースを出していたのが、
Engine YardのPANDAマネージャー安藤祐介さん
最近、いろんな技術系イベントでお会いします(笑)。

f:id:codeiq:20130806185007j:plain

安藤さんにはコードラ美味しい!と絶賛していただきました。
やっとその言葉が聞けてよかった!! ありがとうございます!

ともちゃんこと、アイティメディアの太田智美さんも遊びに来てくれて
急にブースがぱあ~と明るくなりました。

でもあっという間に帰っていっちゃった。忙しんだろうな~

f:id:codeiq:20130806185033j:plain
f:id:codeiq:20130806185049j:plain

そして、憧れのハッカー吉岡弘隆さんも!

ステキな笑顔ですね~

f:id:codeiq:20130806185110j:plain

どらやきも美味しいと言っていただきました。

コードラどらやき、人気急上昇してきたかも!?

な、なのに……まだまだ3箱残ってる!! 

こんなに大人気なのに、なぜだ…

どらやきは生ものだし、今日中に配らないと…

と、頭を抱えていたときに、19時から
業務システムエンジニアのためのHTML5勉強会
品川のマイクロソフトさんで開催されるとの情報が!

これはコードラを差し入れするしかなーーーい!

HTML5jえんぷら部 川田寛さん、仲裕介さんのご協力で、
無事コードラ150個もお届けできました。ありがとうございました!

f:id:codeiq:20130807155450j:plain

デブサミでは、SIerの視点から見た、HTML5などのモダンな
Web技術の活用方法や付加価値について講演されてた川田さん。
コードラも美味しそうに食べてくれましたー

f:id:codeiq:20130806185020j:plain

そういえば、html5j.org管理人の白石俊平さんにも、
絶大なるコードラPRをしていただいたのに、写真撮るの忘れた…

代わりに会場に貼ってたポスター紹介しておきますので
次回もCodeIQに遊びに来てくださいね♪
f:id:codeiq:20130807154711j:plain

講演レポート「DevOpsって本当のところどうなのよ?」

さて、コードラ配りに夢中になって、あっという間に時間が経ってたけど
ホントはデブサミの講演を取材する予定だった…。

そーと抜け出し、ブースに遊びに来てくれた伊藤直也さんのセッションを
聞いてきました。その様子をちょっとだけ紹介します。

セッションタイトルは、
黒帯デベロッパーたちにきく!「DevOpsって本当のところどうなのよ?」
f:id:codeiq:20130806185142j:plain

司会は、JAWS-UGコアメンバーのサーバーワークス大石良さん。
Sansanでスマホ向け名刺管理アプリEightの開発チーム責任者をしている宍倉功一さん、
そして最近はフリーランスでDevOpsのコンサルや開発を行っているという伊藤直也さん。
f:id:codeiq:20130806185202j:plain

大石さんと言えば「切腹プレゼン」が大人気ですが、この日も切腹ネタが炸裂!
会場を盛り上げてました。
f:id:codeiq:20130806185228j:plain

まずは、DevOpsを“マジ”で“バリバリ”“ガチンコ”で使いこなしているという
宍倉さん、伊藤直也さんのDevOps成功例の紹介。
f:id:codeiq:20130806185258j:plain

宍倉さんのEightの開発は10名、でもインフラは1名だけ。
最初からDevOpsを使いこなしていたわけではなく、手作業だったとのこと。
会社としてBtoCサービスとして考えた時に、課題だったのは運用レベルの向上。

そのためにやったことはAWSへの移行と、サーバー構築の自動化、デプロイの簡略化。
そしてお互いの情報を共有できるよう、かつシンプルにできるようDevOpsを活用。

伊藤直也さんの語る事例は、はてなでのDevOps。
インフラ担当が2~3名しかいないのに、サーバー1000台という状態に。

手作業ではサーバー構築が追い付かなくなり、オンデマンドに近いかたちで
PXEブートなどで、自動化を進めていったのだとか。
それによって、サーバーの構築が劇的にスピードアップしたのをきっかけに
インフラの自動化を積極的に始めたそうです。

f:id:codeiq:20130806185456j:plain

伊藤直也さんの考える定義は、広い意味でOpsとDevの溝をなくして、
チーム全体が同じ方向に走れること。もっと狭い定義でいえば、chefなどを使って
インフラをプログラムすること。

2007年、2008年のはてなは物理サーバーがオンプレだったけど
当時はサーバーをたくさん持っている人しか、自動化の恩恵に預かれなかった。

毎回手作業で構築することが非現実的になってきたことや、
今はAWSなどのクラウドの登場で、サーバーを構築するのが劇的に増えてきた。
その結果、プログラミングでインフラを構築することが、
DevOpsの定義となりつつあるとのこと。

セッションは大石さんから現場で実際に起こっているであろう課題や
疑問が次々に宍倉さん、伊藤直也さんに投げかけられ、それに対するお二人の
意見や反論は学ぶところが多かったように思います。

もちろん、切腹となることもなく…大変参考になる内容でした。

それにしても今回のデブサミはエンタープライズ向けだったせいか、
スーツ率が多かったような。

講演後の宍倉さんに質問する人たちもスーツ
f:id:codeiq:20130806185603j:plain

伊藤直也さんに名刺交換を求めて並ぶ人たちもスーツ
f:id:codeiq:20130806185616j:plain

皆さん、お仕事中に来場されてたのかな。おつかれさまです。

おかげさまで大量の在庫を抱えるリスクを危ぶまれたコードラも
すべてエンジニアの皆さんにお届けすることができました!

どらやきは生もの…その危険性を回避すべく、
次回はもっと素敵で美味しいノベルティを用意してます。

CodeIQのブースを見かけたら、ぜひ立ち寄ってくださいね~~

エンジニアのための新しい転職活動!CodeIQのウチに来ない?の特集ページを見る