読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CodeIQ Blog

自分の実力を知りたいITエンジニア向けの、実務スキル評価サービス「CodeIQ(コードアイキュー)」の公式ブログです。

Unityを徹夜で開発しまくるゲームジャム「PHOTONCLOUD X UNITY GAMEJAM」。雲丹亭Tシャツがうらやましすぎるでしょ #Unity #pujam #Android #プログラミング

CodeIQ中の人、babaQです。

気づけばもう8月なんですね。

夏休みシーズンのせいか、今月は技術系の勉強会やカンファレンスが
いつもと比べて少ないような気がします。

そこで、これまで参加させていただいた勉強会の様子を
今日から毎日ブログで紹介しちゃおうかなと。

今回ご紹介するのは、いま大人気のゲーム開発エンジン「Unity」と、
Unityプラグインを提供し、楽にネットワーク通信を可能にした「PhotonCloud」を
使ってゲームを開発するゲームジャム「PHOTONCLOUD X UNITY GAMEJAM」。

f:id:codeiq:20130805183944j:plain

主催者は、日本Androidの会秋葉原支部 Unity部。
CodeIQでも、部長・鎌田泰行さんがUnity問題を出題中です。
アプリやゲームの開発者やデザイナーの皆さんは、要チェック!

スタッフの雲丹亭Tシャツがうらやしすぎる

まずは、イベントのスタッフとしても大活躍だった日本Androidの会秋葉原支部
Unity部の皆さんをご紹介!

f:id:codeiq:20130805184859j:plain

皆さん、おそろいのTシャツですね~

な~んと、背中には…

f:id:codeiq:20130805185026j:plain

オトコらしく腕を組んだその後ろ姿には、「雲丹亭」の文字が!
いいな~美味しそう… じゃなくて、かっこいいですね~~~

1日目はチーム分けとゲームコンセプトの発表まで

参加者は8チームに分かれ、それぞれゲームの企画やキャラクターデザイン、
音響、インフラなど担当を決め、開発に取りかかります。

チームによっては初心者とベテランが入り混じっていたり、
エンジニアだけでコードを一心不乱に書いてるチームがあったり、
仕事でバリバリスマホゲームを開発している精鋭が集まったチームなど
それぞれ徐々に団結感を深めて、2日間ゲームを開発しまくってました。

f:id:codeiq:20130805191036j:plain
f:id:codeiq:20130805191100j:plain
f:id:codeiq:20130805191117j:plain
f:id:codeiq:20130805191147j:plain

「PHOTONCLOUD X UNITY GAMEJAM」のハチマキを頭に巻いて、気合い入れてる人もチラホラ!

f:id:codeiq:20130805191705j:plain

GMOのスタッフの皆さん、ありがとう!

今回のスポンサーであり、PHOTONCLOUDのサポートや会場を提供してくれた
GMOクラウドオフィス(渋谷セルリアンタワー)では、
会議室の一室が仮眠室として提供されていたのですが
皆さん、2日間ほぼ徹夜で開発していたのだとか。

GMOのスタッフの皆さんもとっても優しくて、その笑顔にも癒されました。

f:id:codeiq:20130805192444j:plain

なぜか詳しく語られない1日目の発表。全貌は明日だと…?

2日間のゲームジャムでは、それぞれ最後にチームごとの発表がありました。
1日目はチームで固めた企画内容や方向性を、簡単に共有し合います。
作戦なのか、まだ固まっていないのか、全部は教えられないよという雰囲気。
チーム対抗だったっけ? なんだか楽しそうだけど。

f:id:codeiq:20130805193827j:plain
f:id:codeiq:20130805193855j:plain
f:id:codeiq:20130805193913j:plain
f:id:codeiq:20130805193955j:plain
f:id:codeiq:20130805194049j:plain
f:id:codeiq:20130805194110j:plain
f:id:codeiq:20130805194150j:plain

もちろん、CodeIQもゲームジャムを応援してきたよ

発表後は、鎌田部長が出題したCodeIQ問題を解いた人に、ピザをプレゼント!
もちろん参加者全員が解いてくれました。ステキ!

f:id:codeiq:20130805194453j:plain
f:id:codeiq:20130805194542j:plain


私はこの後帰宅して、2日目にまた参加させてもらったのですが、
てっきり徹夜明けでぐったりしていると思いきや
・・・なんか1日目より皆さん、元気なんだけど!

Unityのゲーム開発が楽しすぎるのか、徹夜が大好きな集団なのか…は謎。

Unityギークも参加してました。それって偶然?必然?

一晩明けたらファッションチェンジしているエンジニアの方もいました。
昨日よりメガネがカッコイイ!

f:id:codeiq:20130805195334j:plain

ゲームジャム中も気合い入ってたし、ちょっと気になっていたのですが
…なんと、この方とはさらに次の日も、Tech総研のUnity特集取材でお会いすることになりました。
社内で「Unityブートキャンプ」を立ち上げ、塾長としてUnity普及に努めているのだとか。

2日目の各チーム作品発表へ

2日目は実際に開発したゲームを発表し合います。

1日目はチームの代表リーダーだけだったのですが、
2日目は全員が前に出てそれぞれ担当したことや感想を述べました。

f:id:codeiq:20130805201406j:plain
f:id:codeiq:20130805201457j:plain
f:id:codeiq:20130805201722j:plain
f:id:codeiq:20130805201826j:plain

なんと、この30時間で8個のゲームが完成しました。

  • チームA 「TimbreCircle」ドットでサウンドを奏でるゲーム
  • チームB 「PANZER」戦車の対戦ゲーム。
  • チームC 「エルミオ」みんなでわいわい宝箱を目指すゲーム
  • チームD 「勇者レース」4人で魔王を倒すアクションRPG
  • チームE 「トロッ娘」トロッコに乗った娘が敵を撃ち落とすゲーム
  • チームF 「Sith And Jedi」爆弾を置きあってゴールを競うTwitter連動ゲーム。
  • チームG 「ゴールド奪取」村人たちがゴールドを奪い合う対戦ゲーム
  • チームH 「おじゃマインクラフト」箱を積み上げながらゴールを目指すゲーム

※完成したゲームはこちらで公開されています。

Unityスキルの腕試ししませんか?

誰でも手軽にゲームを開発することができることが魅力のUnity。

これまでかかっていた膨大な開発にかかる時間を節約してくれる一方で、
エンジニアにこれから求められるようになるのは、Unityをちゃんと使いこなせること
徹底した知識を持っていること、そしてクリエイティブセンスなんだとか。

Unityブームに乗り遅れないよう、CodeIQでそのスキルを腕試ししてみることをお勧めします!

↓ ぜひ、鎌田部長の出題問題に挑戦してみてくださいね。↓

日本Androidの会 秋葉原支部 Unity部 鎌田 泰行さんからのUnityの問題
f:id:codeiq:20130805202843j:plain

出題画面に鎌田さんの写真がなかったので、大きく紹介してみました。

えっ?デカすぎる…? でもいい笑顔だし、許してくれるはず(笑)。

ということでUniy大好きな皆さん、挑戦お待ちしております!


エンジニアのための新しい転職活動!CodeIQのウチに来ない?の特集ページを見る