読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CodeIQ Blog

自分の実力を知りたいITエンジニア向けの、実務スキル評価サービス「CodeIQ(コードアイキュー)」の公式ブログです。

プログラマーの給与がSEの給与を超えた日 #PG #SE #給与 #salary

CodeIQの中の人、hnanami です。

今回は、ビジネスOSSコンソーシアム・ジャパンの吉政忠志さんから寄稿いただきました。

===============================

技術の話も大事ですけど、給与の話も結構大事ですよね。
特に家族ができたりするとなおさらですよね。

今回は「プログラマーの給与がSEの給与を超えた日」ということでデータをご紹介します。

PHPRubyPerlなど、LL(Light Language)系のプログラマーで大手企業に就職している人の給与が上がっています。2012年にワークポートが発表した、言語別平均給与では、上昇しているのはObjective-CPerlRubyPHPとスマホ系とLL系が中心になっています。
f:id:codeiq:20130612115628j:plain


いずれもプログラマーの平均年収を超え、年収で500万円を超えています。私もそうでしたが、独身の頃は年収のことは気になりませんでしたが、家族ができて養わなければならない立場になった時に、年収は結構大事だと思うようになりました。また年収はいきなり急激に上がることは稀で、前年をベースに検討されていくはずですので、年収を上げたいと思う方は、毎年効率的にあげていかなければなりません。そう考えると、「言語の市場価値」と「言語別の平均年収」というのは重要な要素なのではないかと思います。

特にという話になりますが、従業員1,000名以上の会社で働くプログラマーの平均年収上昇は大きく、政府統計によると下記のグラフのようにSEとプログラマーが逆転したようです。(出典:平成24年賃金構造基本統計調査)
f:id:codeiq:20130612115647j:plain
ここでのポイントは2011年に大きく伸びたところです。これはつまりソーシャル系のブームに乗って、大手企業にスカウトされた方々が大きく年収を伸ばしたと推測します。
こう書くと、「こりゃ、大手に転職しなきゃ!」と思う方も多いと思うかもしれませんが、大手に転職しなくても大手で高い年収をもらえる人と同じレベルの大きなシステムを少人数で作れるようになる腕を磨くことが良いと思います。これにより、大手に転職しなくても、単価が高い仕事を得られるので、年収は上がるはずです。そして、万が一の際に転職先の幅が広がります。

PHPをはじめとするLL系は昔、大規模のシステムを構築するのは難しいと言われてきました。
今はどうでしょうか?

FacebookGoogle、Yahoo!、楽天、GREEmixiなど修正が多く成長をさせなければいけないインターネット系のシステムのほとんどがLLで作られています。時代がこの10年で変わったという事が言えるように思えます。

少ない労力で大きなシステムを作れるようになったプログラマーの方が次に手にするのは、もしかしたら、マーケティングのノウハウに基づいたサービス設計になるように思えます。そうなれば、プログラマーが少ない投資とリスクで大きな商売ができるような時代が来るように思えます。売れる物を自ら作れる時代。大変でしょうけど、とって楽しそうです。

エンジニアのための新しい転職活動!CodeIQのウチに来ない?の特集ページを見る